最新情報

気温-19℃の中で朝宣伝

 日本共産党十勝地区委員会青年・学生対策委員会は21日朝、帯広市内南部の高校通学路沿いで宣伝をおこないました。  -19℃まで冷え込んだ寒い朝でしたが、「高い学費やブラックバイトなど、若者たちを苦しめる今の政治を力をあわせて変えましょう!」とよびかけました。

最新記事

2018年2月22日木曜日

気温-19℃の中で朝宣伝

 日本共産党十勝地区委員会青年・学生対策委員会は21日朝、帯広市内南部の高校通学路沿いで宣伝をおこないました。
 -19℃まで冷え込んだ寒い朝でしたが、「高い学費やブラックバイトなど、若者たちを苦しめる今の政治を力をあわせて変えましょう!」とよびかけました。



2018年2月10日土曜日

「第23回食と農のつどい」のご案内

「第23回食と農のつどい」のご案内
地方の眼力「農は国の基」 農業と農村の展望を語る

2018年2月11日(日・祝)午後1時30分から
音更町共栄コミセン(音更町木野西通17)
国会報告:紙智子・参議院議員
講演:小松泰信・岡山大学大学院環境生命科学研究科教授、農学博士
主催:日本共産党十勝地区委員会

どなたでも参加できます。気軽にご参加ください。

2018年2月9日金曜日

帯広市議補選 大平亮介氏を擁立


 日本共産党十勝地区委員会は9日、帯広市議補欠選挙(4月8日告示、15日投開票)に、大平亮介氏(新人)を擁立すると発表しました。

 大平氏は、帯広生まれの28歳。帯広大谷短期大学を卒業後、2009年8月より帯広市図書館臨時職員(2010年からは嘱託職員)として勤務。子どもの貧困問題に関心を持ち、十勝管内や北海道内の各自治体の実態を調査・研究し、行政や議会に対して対策を求める活動をおこなってきました。

 大平氏は、「これまでの調査活動での経験を生かし、子どもの貧困問題やブラックバイトなどで苦しむ若者たちの声や実態を市政に届け、その解決のために全力を尽くす」と、立候補の決意を述べました。



2018年1月8日月曜日

若者とともに社会を変える年に ~成人式宣伝をしました~

帯広市の成人式がおこなわれた7日午後、杉野智美・播磨和宏帯広市議と佐々木とし子党十勝道政事務所長が会場前で宣伝をおこないました。
高い学費や奨学金返済、劣悪な労働環境にいる若者たちに、社会の矛盾と問題を知らせるだけでなく、その打開策と希望ある未来を語り、一緒に社会を変えていく。
そんな2018年のはじまりです。
(追伸)今年も、社民党のみなさんと仲良くノボリを並べて野党共闘♫


2017年11月6日月曜日

学習会「みんなでつくる核兵器のない世界 その2」のご案内

日本共産党十勝地区委員会の青年・学生運動委員会が9月におこなった街角シールアンケートのなかで、興味・関心事をたずねた質問への答えとして一番多かったのが、「核兵器廃絶」でした。

この声に応えるとりくみとして、下記のつどいを計画しました。

参加費無料。どなたでも参加できますので、気軽にお越しください。


みんなでつくる核兵器のない世界  その2

20171126日(日)14:3016:00

とかちプラザ・401号室(帯広市西4条南13丁目1

【問い合わせ】

日本共産党十勝地区委員会青年・学生運動委員会

電話0155-24-7679(担当:佐藤耕平)


tkc-jcp@m2.octv.ne.jp


2017年11月5日日曜日

十勝〝自民王国〟崩れた

しんぶん赤旗・日刊紙(11月1日付け)の北海道・東北のページに、「十勝〝自民王国〟崩れた」と題して、先の衆院選での「市民と野党の共闘」の様子が掲載されています。

タブーなく真実を報道する、しんぶん赤旗。

この機会に、ぜひご購読ください。

日刊紙:月 3,497円
日曜版:月  823円


学習会「トランプ政権成立後の米中関係をどうみるか」のご案内

日本共産党十勝地区委員会が団体加盟している「平和・民主・革新の日本をめざす帯広の会(帯広革新懇)」が主催する学習会がおこなわれます。

お誘い合わせて、ぜひお越しください。

学習会「いま中国は何を考えているか PARTⅢ」
 トランプ政権成立後の米中関係をどうみるか
  ~日・米・中の北朝鮮政策に関わって~

日時:2017年11月12日(日)午後1時30分~
場所:音更町木野コミセン・大集会室
   (音更町木野西通8丁目2 電話0155-30ー8610)
参加費無料

主催:平和・民主・革新の日本をめざす帯広の会(帯広革新懇)