最新情報

学習会「みんなでつくる核兵器のない世界 その2」のご案内

日本共産党十勝地区委員会の青年・学生運動委員会が9月におこなった街角シールアンケートのなかで、興味・関心事をたずねた質問への答えとして一番多かったのが、「核兵器廃絶」でした。 この声に応えるとりくみとして、下記のつどいを計画しました。 参加費無料。どなたでも参加...

2015年12月16日水曜日

軽減税率を導入しても、年間4万1,000円の負担増 ~地区宣伝キャラバン(南部線)~

 日本共産党十勝地区委員会は15日、地区宣伝キャラバンを実施しました。

 今回は南部線。

 大樹町、広尾町、幕別町・忠類、更別村を回り、17ヶ所の街頭から訴えました。

 前崎茂・広尾町議は、消費税が10%に増税される際に導入される軽減税率について、

 「8%から10%に増税されることでの国民負担は、5.4兆円になります。軽減税率分の1兆円を引いたとしても、4.4兆円の負担増。家計の負担は年間4万1,000円増になり、軽減でも何でもありません。明らかな増税です」

 と、批判しました。

 ストップ!消費税増税

 小雨の降るあいにくの天気でしたが、車の中や歩行者からの声援、玄関先に出て聞いてくれる人の姿も見られました。

(写真) 左:前崎茂、右:旗手恵子 両広尾町議



2015年12月7日月曜日

参院選勝利でTPPからの撤退を ~十勝でTPP学習会~

 帯広革新懇は6日、日本共産党の畠山和也衆院議員を講師に迎えて「TPP『大筋合意』問題を考える」と題した学習講演会を開催、会場いっぱいの180人が参加しました。

 畠山議員は、この間のTPPをめぐる国会審議の状況を報告。



 農林水産物の生産額が3兆円減少するとした試算の根拠を何も示さない政府の無責任な態度を批判し、「重要5品目は守るとした国会決議に反するTPPの批准は認められない」と強調しました。

 さらに、現在、平均92時間かかっている輸入食品の検疫・細菌検査が、TPP48時間以内に税関を通過しなくてはならなくなったこと。

 年々、輸入食品が増加する中、検査率がこの5年間で12.7%から8.8%に下がっていることなど、生産者側だけでなく消費者側の影響や問題も示し、「これで本当に、国民の食の安全・安心が守られるのか疑問であり、慎重に考える必要がある」と話しました。


 自国の食料は自国でまかなうという「食料主権」と、自給率向上による「食料の安全保障」の重要性とともに、「協定調印も国会承認もまだであり、手続き上も止められる可能性は十分にあります。

 参院選で審判をくだしましょう」とのよびかけに、参加者からは、「TPPから撤退させるための、今後の運動の方向性をつかむことができた」などの感想が寄せられました。


地域の宝を壊すTPPからは撤退を ~紙智子参議が十勝で農業調査~

 日本共産党の紙智子・参議院議員と、森つねと・党道国政相談室長が122日~3日、十勝管内の士幌町、音更町、幕別町の農業関係者や首長を訪問。

「TPP大筋合意」に関わって、懇談と農業調査をおこないました。

 お会いしたみなさんは、ひとが生きていく上で欠くことのできない「食料」を生産し、地域経済を支えていることに、責任と誇りを持って働いている方々ばかりでした。

 そんなみなさんの長年の苦労や努力、思いを踏みにじるTPPは、撤退するしかありません。

 日本共産党は、TPPからの撤退を求めて広範なみなさんとの共同の輪をつくり、引き続きがんばります。

(以下、農業調査の様子を伝える、紙智子参議の「国会かけある記」です。ぜひ、お読みください)

イモ、ビート、豆、麦の四作物を四年でローテーションして作付けする輪作体系は、連作障害や病害虫を防ぎ品質を向上し収量を確保する技術で、農家が長年、悪戦苦闘しながら生み出しました。

先日、訪れた十勝の農家は、「収益性が低い麦を作付けするのは、輪作体系に欠かせないからだ。

TPPで外国産の麦の輸入枠を作り、国産麦の下支えとしていたマークアップ(輸入差益)を半減すれば、麦生産が困難になる。輪作体系が崩れれば他の作物もダメになる」と語りました。

ホルスタインから生まれた乳雄を肉牛に育てる農家は、品質では輸入肉に負けない自信があるが、TPPで、輸入牛肉の関税が38.5%から9 まで下がれば、市場は価格が安い輸入肉に置き換わってしまう。





酪農家から乳雄を買い、畑作農家から小麦を堆肥交換しているが、地域循環型農業が崩れると語りました。

札幌市内で「TPPを考えるつどい」(革新懇主催)が開かれました。

「TPPで関税が下がれば、牛肉も豚肉も安く手に入るから、消費者にとっては有利と宣伝されている」と質問が出ました。

酪農、畜産、畑作は共同することで地域を支え、加工業者と連携することで、安全、安心できる国内産を消費者に届けています。

TPPは長年、積み上げた地域の宝を壊すことになります。

医療分野も製薬会社や保険大手などの金儲けのために、国民が犠牲にならざるを得ません。


切実で身近な材料をよりわかりやすく語り、TPP撤退の世論をつくりたい。





2015年11月24日火曜日

「道政レポート 第7号」をお届けします。

「道政レポート」の第7号ができました。
11月16日17日に実施した、北海道への要望・交渉の内容などが載っています。

ぜひ、お読みください。


TPP「大筋合意」問題を考える ~革新懇学習会のご案内~

学習会のご案内です。

TPP「大筋合意」問題を考える

日時:12月6日(日) 午後1時30分から
場所:木野コミセン・大集会室(河東郡音更町木野西通り8の2)
講師:畠山和也・衆議院議員
主催:平和・民主・革新の日本をめざす帯広の会(帯広革新懇)
参加費無料

(※革新懇とは) 平和・民主主義・生活向上の3つの共同目標にもとづく政治革新と、その国民多数派の形成をめざす全国組織です。日本共産党も団体加盟しています。


2015年11月19日木曜日

「クリスマス宣伝2015」のご案内

「クリスマス宣伝2015」のご案内

12月23日(水・祝)

①10:30~ 中札内・いちまる前
②11:45~ 芽室・ダイイチ西側
③13:45~ 音更・スーパーOK前
④14:30~ 札内・ぴあざフクハラ前
⑤15:15~ 帯広・藤丸デパート前

※演説時間は各箇所10分間です。
※当日の天候や道路状況により急な変更をする場合もあります。ご了承ください。

(訴え) 荒貴賀 板垣良輔 神長基子 佐藤耕平 播磨和宏 渡辺洋一郎


2015年11月6日金曜日

とかち民報No.140を発行しました

 とかち民報No.140を発行しました。
 9月19日の「戦争法廃止のための国民連合政府の呼びかけ」に応じた対話など,管内での動きを報じています。是非ご覧ください。
 ※画像をクリックすると、拡大して見ることができます。



2015年10月17日土曜日

道政レポートNo.6を発行しました

道政レポートNo.6を発行しました。
道政に関わる十勝の動きと、道議会での道議団の動き、今回は定例道議会での質問も掲載しております。
ご覧ください。
※画像をクリックすると拡大して見ることができます。

2015年5月20日水曜日

青年宣伝キャラバンのお知らせ

 5月26日(火)、十勝地区委員会の青年宣伝キャラバン隊による街頭宣伝が、帯広市と周辺4町村にて行われます。
 現在推し進められようとしている、安倍政権による「戦争立法」の問題や、議会活動などへの決意を訴えます。ご都合のつく方はぜひ各演説場所へ足を運んでいただき、青年による訴えをお聞きください!


○宣伝キャラバン日程○


10:30~ 中札内・めぐみ団地前
11:45~ 中札内・役場前
11:50~ 帯広・フクハラ弥生通店前
12:10~ 帯広・帯広駅南口前
13:50~ 音更・木野ハピオ前
14:10~ 音更・共栄台道営住宅東側
14:50~ 幕別・札内桜町近隣センター前
15:10~ 幕別・札内春日町近隣センター前
15:30~ 幕別・札内若草道営住宅前
15:50~ 幕別・札内中央公園前
16:40~ 芽室・芽室駅南側(本通南1)
17:00~ 芽室・健康プラザ前(西3南5)

 ※それぞれの場所の宣伝は10分間です。天候や道路状況により、急な変更をする場合もあります。ご了承ください。



2015年5月1日金曜日

いっせい地方選挙、共産党は1議席増

十勝の議員団は26人に

日本共産党十勝地区委員会は、道議選で帯広と十勝区に候補を擁立、市町村議選では24人が立候補し22人が当選、非改選と合わせ26名の地方議員団になりました。

住民の声を道政へ


 道議選では、帯広区、十勝区とも候補を擁立しました。

 議席には結びませんでしたが、4人になった道議団と連携し、帯広・十勝の声を道政に届け、要求実現に力を尽くします。

住民の声を町政に届け

安倍内閣の暴走政治の防波堤に


 町村議選では、芽室で2議席になり議案提案権を獲得、豊頃と陸別で空白を克服しましたが、新得と中札内で議席を失い、新たな空白自治体になりました。

 当選したのは、音更=守屋いつ子・大浦正志・重堂登・神長基子の4人、幕別=中橋友子・野原恵子・荒貴賀(たかよし)・板垣良輔の4人、芽室=梅津伸子・渡辺洋一郎の2人、士幌=清水秀雄・和田鶴三の2人、上士幌=山本和子、池田=窪田豊満、豊頃=岩井明、浦幌=差間正樹、大樹=志民和義、足寄=田利正文、陸別=谷郁司の19名です。(敬称略)

帯広市議選では3議席まもる

引き続き議案提案権をもつ


 帯広市議選は、議員定数が3議席削減の29議席を有力候補35人があらそう大激戦でした。

 日本共産党は、現職の稲葉典昭・杉野智美市議と、帯広区の道議候補としてたたかった佐々木とし子前市議の後継として32歳の播磨和宏さんを擁立し、議案提案権をもつ3議席をまもることができました。

 共産党は最後まで、街頭演説を行うなど政策を訴え続けました。

 これまで帯広市議団は、市民の声を市政に反映させるため広範な方と協力・共同をすすめ、議会で質問・提案を行い、要求実現に全力をあげてきました。

 「中小企業振興基本条例」や「住宅リフォーム助成制度」の創設で地元企業の仕事と雇用の拡大、学校給食の牛乳保冷庫の全校設置、高齢者の無料バス券「お出かけサポート事業」、孤独死をなくす「きづきネットワーク」の創設などを実現してきました。

 議会のたびに毎回質問したのは、会派では共産党だけです。

市政を前へ動かし

安心・安全のまちづくり


 これからも、「脱貧困宣言」で、安心して住み続けられるまち、地域循環型経済と自然エネルギーのまちづくりで、地元企業の仕事と雇用の拡大、平和で安心して暮らし、子育てできる環境整備など、公約実現にむけ力をつくします。ご要望などお寄せください。


▽得票と当選順位


稲葉典昭 2557票・5位
杉野智美 2251票・8位
播磨和宏 1937票・19位

2015年4月23日木曜日

市議選終盤!帯広駅前で、3候補合同街頭演説

2015年帯広市議会議員選挙も終盤戦 【動画】

4月24日の午後、帯広駅南側で3名の候補と、候補カーが集い合同の演説を行ないました。(動画があります)

道議選をたたかった、佐々木とし子さんも応援に駆けつけ

多くの道行く方々、集まった支持者のみなさんに、議案提案権に必要な3名の候補全員の最後までのご支援をお願いしました。




「はりま和宏」候補

「すぎの智美」候補

「いなば典昭」候補


それでは、「はりま和宏」候補、「すぎの智美」候補、「いなば典昭」候補のそれぞれ訴えをお聞きください!

「はりま和宏」候補
 
 
「すぎの智美」候補
 
 
「いなば典昭」候補
 
 

2015年4月20日月曜日

帯広市議会議員候補3名 街頭で元気に訴え

昨日の告示から、共産党帯広市議候補3名は
市内各所の街頭で訴えを行ない
大きな反響をいただいています。


宣伝カーからの連呼だけではなく
きちんと、街頭から市民のみなさんへ
候補の訴えを行なっています。

ご自宅から窓を開けて聞いてくれる方
車を止めて聞いてくれる方
ご自宅からでてきて、じっくり聞いてくれる方

さまざまな方が聞いてくれています


お近くで、宣伝カーが停まりましたら
訴えが始まる合図!

ご自宅から、職場から、ぜひ顔をだして各候補の訴えを聞いてみてください。



「はりま和宏」候補 市内街頭より



「すぎの智美」候補 市内街頭より


2015年4月19日日曜日

帯広市議会議員選挙 共産党3候補 元気に第一声

4月19日。

さあ、いよいよ 帯広市議会議員選挙 公示日を迎えました。


掲示板の掲載番号は、

「いなば典昭」24
「すぎの智美」34
「はりま和宏」16

各選対事務所で、各陣営が第1声をあげ、候補者それぞれの動画をアップしました。



「いなば典昭」候補の、元気な第一声をお聞きください。




「いなば典昭」候補





2015年4月11日土曜日

 佐々木とし子道議候補(帯広市区)の遊説7日目~最終日の内容が、佐々木とし子ブログに公開されました。ぜひご覧ください。

◎遊説7日目
http://sasaki-toshiko.blogspot.jp/2015/04/blog-post_9.html

◎遊説8日目
http://sasaki-toshiko.blogspot.jp/2015/04/blog-post_10.html

◎遊説最終日
http://sasaki-toshiko.blogspot.jp/2015/04/blog-post_11.html

『道議選』佐々木とし子候補(帯広市区) 最後の訴えです!

道議選最終日、佐々木とし子候補(帯広市区)最後の事務所前での訴え動画です。
明日はみんなの日本・北海道に変えるため、

 知事          は  佐藤 のりゆき
 道議(帯広市区)  は  佐々木 とし子
 道議(十勝地域区)は  山川 秀正

への1票、よろしくお願い致します!


2015年4月9日木曜日

『道議選』佐々木とし子候補(帯広市区) 終盤の訴えをお聞きください

 道議選も7日目、終盤戦に突入しています。
 演説内容にも熱が入った訴えです。ぜひお聞きください。


候補ブログ更新のお知らせ(佐々木候補、遊説4~6日目)

 佐々木とし子道議候補(帯広市区)の遊説4~6日目の内容が、佐々木とし子ブログに公開されました。ぜひご覧ください。

◎遊説4日目
http://sasaki-toshiko.blogspot.jp/2015/04/blog-post_6.html

◎遊説5日目
http://sasaki-toshiko.blogspot.jp/2015/04/blog-post_7.html

◎遊説6日目
http://sasaki-toshiko.blogspot.jp/2015/04/blog-post_8.html

2015年4月5日日曜日

候補ブログ更新のお知らせ(佐々木候補、遊説2日目)

 佐々木とし子道議候補(帯広市区)の遊説二日目の内容が、佐々木とし子ブログに公開されました。ぜひご覧ください。

http://sasaki-toshiko.blogspot.jp/2015/04/blog-post.html

2015年4月3日金曜日

『道議選』紙智子参議院議員による応援演説動画が公開されました

14:00からドリームタウン白樺東側にて行われた、紙智子参議院議員による応援演説です。
どうぞ御覧ください。


『道議選』佐々木とし子候補 第一声動画が公開されました

 本日8:50より、日本共産党十勝地区委員会前で行われた、道議選帯広市区の佐々木とし子候補の第一声動画が公開されました。ぜひご覧ください。
 

2015年4月2日木曜日

日本青年会議所「e-みらせん」、道議選帯広市区予定候補者動画公開のお知らせ

日本青年会議所「e-みらせん」サイトにて、道議選帯広市区より立候補予定の佐々木とし子氏の動画が公開されております。
ぜひご覧ください。

http://e-mirasen.jp/councilor/2015/04/post-221.html

2015年3月20日金曜日

『お知らせ』2015道議選 帯広市区立候補予定者 討論会 インターネット生中継

 明日、3月21日(土・祝)19時より、下記URLにて「2015道議選 帯広市区立候補予定者討論会」のインターネット生中継が行われます。
 出馬の動機や主な政策、道政についての評価などが予定されており、日本共産党の佐々木とし子予定候補も参加します。是非ご覧ください。
 また、OCTVでも生中継されますので、視聴環境のある方はそちらでもご覧いただけます。

http://ustre.am/1mMYh

2015年3月9日月曜日

3月1日の志位和夫委員長演説動画を公開しました

 大変お待たせいたしました。
 3月1日に行われた日本共産党演説会において、志位和夫委員長が行った演説の動画が公開されました。 当日、会場に来られなかった方はぜひご覧ください。


2015年3月4日水曜日

道議選十勝地域区 山川氏が決意



  農協「改革」許さない   


決意を述べる山川氏
日本共産党十勝地区委員会は27日、帯広市内で記者会見し、道議選十勝地域区(定数4)の候補として、山川秀正氏(62歳・音更町議・道農民連委員長)を擁立することを発表しました。

 佐藤糸江十勝地区委員長は、「TPP(環太平洋連携協定)参加に加えて農業・農協『改革』など阿部暴走政治が急加速している。十勝を守るためには、暴走政治ストップでがんばる道議が十勝地域区でもどうしても必要と考えた。これまで農業一筋、全道・全国の農民運動の先頭に立ってきた山川秀正さんは、最適の候補。帯広市区の佐々木とし子候補とあわせて、十勝で2議席の日本共産党道議を何としても誕生させたい」と語りました。

 山川秀正氏は、「TPPに参加すれば地域が消滅する。TPP断固反対、農業・農協『改革』を許さないというオール十勝の声を必ず届けたい。農業は平和産業だ。多くの人から『戦争は絶対にだめだ、共産党がんばれ』という声も寄せられている。この期待に必ず応えたい」と力強く決意を述べました。

(「しんぶん赤旗」2015/2/28付)

2015年2月21日土曜日

青年宣伝キャラバンのお知らせ

 2月28日(土)、十勝地区委員会の青年宣伝キャラバン隊による街頭宣伝が、帯広市と周辺4町村にて行われます。
 翌日3月1日(日)午後2時からは、帯広市民文化ホール・大ホールにおいて志位和夫委員長を迎えての演説会も行われますので、宣伝キャラバンの応援と併せて、みなさんのご参加をお待ちしております!


○宣伝キャラバン日程○


10:20~ 芽室・フクハラ芽室店西側
        (めむろーど)
11:10~ 音更・フクハラすずらん台店前
11:50~ 帯広・イーストモール北側
13:30~ 札内・フクハラ札内店前
14:00~ 札内・道住若草団地南側
15:00~ 中札内・めぐみ団地前
15:50~ 帯広・フクハラ弥生通店前

 ※それぞれの場所の宣伝は10分間です。天候や道路状況により、急な変更をする場合もあります。ご了承ください。

2015年1月19日月曜日

清水町議選挙で日本共産党の木村好孝候補が再選を果たす

18日投開票の北海道十勝支庁管内清水町の町議会議員選挙で日本共産党の木村好孝候補(70才・現)は、393票を獲得し二期目の当選で現有議席を確保しました。
選挙戦は定数13に対して有力14名が立候補する少数激戦で、前回無投票の上、有力新人三名が立候補する混戦となりました。
木村好孝候補以外の議員による選挙カー自粛の申し合わせに対して、町民から「選挙なのに政策を訴えないのはおかしい」と批判の声が上がっていました。木村候補は149回の街頭演説を行い、町民の声を届け、町民の立場でいいもものはいい、悪いものは悪いとはっきりとものを言う日本共産党の値打ちを語り、安倍内閣の暴走政治から住民のくらしや地域を守る町政の実現を訴え、町民の共感を広げました。