最新情報

核兵器禁止条約締結に向けて、世界が動き出した ~とかち民報№155~

 とかち民報№155ができました。  今号では、核兵器禁止条約の締結に向けた国連会議の模様を掲載しています。  アメリカをはじめとする核保有大国は、依然として「核抑止力論」に固執し、武力で他国を押さえつけようとしています。  そして、世界で唯一の核被爆国である日本は、...

2015年3月20日金曜日

『お知らせ』2015道議選 帯広市区立候補予定者 討論会 インターネット生中継

 明日、3月21日(土・祝)19時より、下記URLにて「2015道議選 帯広市区立候補予定者討論会」のインターネット生中継が行われます。
 出馬の動機や主な政策、道政についての評価などが予定されており、日本共産党の佐々木とし子予定候補も参加します。是非ご覧ください。
 また、OCTVでも生中継されますので、視聴環境のある方はそちらでもご覧いただけます。

http://ustre.am/1mMYh

2015年3月9日月曜日

3月1日の志位和夫委員長演説動画を公開しました

 大変お待たせいたしました。
 3月1日に行われた日本共産党演説会において、志位和夫委員長が行った演説の動画が公開されました。 当日、会場に来られなかった方はぜひご覧ください。


2015年3月4日水曜日

道議選十勝地域区 山川氏が決意



  農協「改革」許さない   


決意を述べる山川氏
日本共産党十勝地区委員会は27日、帯広市内で記者会見し、道議選十勝地域区(定数4)の候補として、山川秀正氏(62歳・音更町議・道農民連委員長)を擁立することを発表しました。

 佐藤糸江十勝地区委員長は、「TPP(環太平洋連携協定)参加に加えて農業・農協『改革』など阿部暴走政治が急加速している。十勝を守るためには、暴走政治ストップでがんばる道議が十勝地域区でもどうしても必要と考えた。これまで農業一筋、全道・全国の農民運動の先頭に立ってきた山川秀正さんは、最適の候補。帯広市区の佐々木とし子候補とあわせて、十勝で2議席の日本共産党道議を何としても誕生させたい」と語りました。

 山川秀正氏は、「TPPに参加すれば地域が消滅する。TPP断固反対、農業・農協『改革』を許さないというオール十勝の声を必ず届けたい。農業は平和産業だ。多くの人から『戦争は絶対にだめだ、共産党がんばれ』という声も寄せられている。この期待に必ず応えたい」と力強く決意を述べました。

(「しんぶん赤旗」2015/2/28付)