最新情報

核兵器禁止条約締結に向けて、世界が動き出した ~とかち民報№155~

 とかち民報№155ができました。  今号では、核兵器禁止条約の締結に向けた国連会議の模様を掲載しています。  アメリカをはじめとする核保有大国は、依然として「核抑止力論」に固執し、武力で他国を押さえつけようとしています。  そして、世界で唯一の核被爆国である日本は、...

2016年10月26日水曜日

国会報告会 “畠山和也さんを囲む「つどい」” のご案内

国会報告会
 
 畠山和也さんを囲む「つどい」

 日時 11月12日(土)午後1時30分
 
 場所 道新ホール帯広・大会議室(4階)
               帯広市西4条南9丁目
 
 主催 日本共産党十勝地区委員会

 参加無料 どなたでも参加できます

2016年10月24日月曜日

弥生新道(道道)のり面の草刈りを求めた要望が実現 ~道政レポート№18をお読みください~

 道政レポート№18ができました。

 今号では、8月におこなった道交渉での要望の一つである、弥生新道(道道)ののり面の草刈りが実現したことなどを掲載しています。

 ぜひ、お読みください。


2016年10月20日木曜日

TPPの国会承認は許さない! ~帯広市内で街頭演説~

 黒塗り資料、輸入米の「売買同時入札(SBS)」での価格偽装疑惑、しまいには、法案の強行採決を匂わす農水相の発言…
 問題だらけのTPPの国会承認は絶対に許されません!
 佐々木とし子・日本共産党十勝道政事務所長と杉野智美・帯広市議会議員が19日、帯広市内の南地域の街頭から訴えました。


台風被災の抜本的対策を ~とかち民報№149~

 とかち民報№149ができました。

 日本共産党国会議員団が、台風被害対策を求めて関係省庁におこなった申し入れの内容を掲載しています。

 ぜひ、お読みください。


2016年10月15日土曜日

沖縄 “高江” で今起きていること ~森住 卓 緊急講演会のご案内~

 講演会のご案内です。


 沖縄 “高江” で今起きていること
 
 森住 卓  緊急講演会

日時 /  10月28日(金) 午後6:30~午後8:30
 
場所 /  とかち館・金枝の間 (帯広市西7条南6丁目)
 
参加費 / 800円 (高校生以下無料)
 
主催 /  高江と連帯する帯広・十勝の会 (豊島)


 沖縄県東村高江で現在進められているヘリパッド基地建設の現場で何が起きているのか。フォトジャーナリストの森住 卓さんがお話しします。
 ぜひ、ご参加ください。

森住 卓 (もりずみ たかし)
 
 1951年、神奈川県生まれ。フォトジャーナリスト。核汚染、米軍基地、イラク戦争、沖縄戦、福島原発事故等を世界で精力的に取材。各賞受賞。著書多数。


2016年10月6日木曜日

あなたの一筆が政治を変える! 署名にご協力ください

 集団的自衛権の行使容認、安保法制=戦争法の成立、憲法改定、社会保障の改悪、消費税の増税、原発再稼働、TPPへの参加…

 これらすべては、国民の過半数が反対している問題です。

 国民の声を聞かず、国民の命と暮らしをないがしろにする安倍政権は、退陣させるしかありません。

 署名は、みなさんの民意の表れの一つであり、その一筆一筆が大きな力となります。

 現在、日本共産党では署名へのご協力を呼びかける宣伝や訪問活動をおこなっていますので、その際にはご協力をどうぞよろしくお願いします。

 署名用紙は、党十勝地区委員会や最寄りの党事務所に用意してありますので、お問い合わせいただければ、お届けも致します。

 日本共産党十勝地区委員会

  電話:0155-24-7679
  FAX:0155-24-0869



安保法制(戦争法)の廃止。南スーダンPKOの派遣を中止し、
日本に帰還させることを求める署名




TPP協定を今国会で批准しないことを求める緊急署名



だれもが、お金の心配なく必要な医療・介護を受けられるように 
-社会保障は国の責任でー




原発も核のゴミ捨て場もない北海道の実現を求める請願



消費税増税の中止を求める請願





2016年10月5日水曜日

党芽室町議団、台風被害からの復旧・復興に向けて緊急要請書を提出 (めむろ民報より)

  芽室町での、台風10号の被害状況のほか、復旧・復興に向けて党議員団がおこなった緊急要請などのとりくみを掲載した「めむろ民報」をアップします。

 ぜひ、お読みください。



2016年10月2日日曜日

地区宣伝キャラバン(池北線)

 日本共産党十勝地区委員会では毎週火曜日、十勝管内を方面別に6コースに分けて順繰りに回る「宣伝キャラバン」をおこなっています。

 先日9月27日には、池北線の陸別町、足寄町、本別町、池田町を回り、各町村の議員や支部のみなさんとともに街頭から訴えました。

 陸別町では、谷郁司町議は所用のために参加はできませんでした。代わって、佐々木とし子党十勝道政事務所長と佐藤耕平党地区青年学生運動委員会責任者が訴えました。
 (写真は、別な日に宣伝したときのものです。谷町議と佐々木党十勝道政事務所長)




足寄町では、田利正文町議が訴えました。



 本別町では、阿保静夫町議が訴えました。



 池田町では、窪田豊満町議は所用のために参加できませんでしたので、支部の方とともに、佐々木とし子党十勝道政事務所長と佐藤耕平党十勝地区青年学生運動委員会責任者が訴えました。